隠密旗本シリーズ

書籍紹介

福原俊彦の人気時代小説シリーズが完結!

『隠密旗本』
世は元禄。公儀の手先「影廻衆」として密命を果たす旗本高鳥家の三男坊・三郎太は、ある夜、商人が犬に襲われているところを柳生新陰流の豪剣で救うが、背後に何者かの策謀があることに気づく。不仲の犬小屋奉行・斗真とともに、謀略を仕掛ける黒幕を追う! 赤穂浪士も登場する贅沢な一冊。

著:福原俊彦 光文社時代小説文庫 価格: 本体720円+税

購入はこちら Amazon honto 紀伊國屋書店

『隠密旗本 荒事役者』
以前、助けた商人の世話で歌舞伎鑑賞に森田座を訪れ、舞台で異彩を放つ市川團十郎に感銘を受けた三郎太だったが、芝居小屋周りで不審な人物を見かける。次第に明らかになる、人物の正体とは――。小納戸に出世した行平斗真とともに、天下を騒がす輩に挑む! 待望のシリーズ第二弾!

価格: 本体740円+税

購入はこちら Amazon honto 紀伊國屋書店

『隠密旗本 本意にあらず』2019年9月11日発売の最新刊!
数々の公儀の密命を果たしてきた旗本集団「影廻衆」。その影廻衆と将軍の寵臣を繋いできた連絡役の行平斗真が何者かに殺害された。影廻衆の一人で、高鳥三郎太は斗真の仇を追う。その後も襲われる影廻衆。未曽有の窮地に追い込まれた高鳥三郎太たち。敵の正体とは、そして、その狙いとは――。三郎太の怒りの剣が爆発する! シリーズ史上最高傑作の第三弾。

価格: 本体700円+税

購入はこちら Amazon honto 紀伊國屋書店

タイトルとURLをコピーしました