HOME講演・取材のご依頼
 

講義・講演に関するご依頼

講義・講演のご依頼

 榎本秋へのライトノベル、オタク、若者文化に関する講義、講演の依頼を多く頂いております。
 ありがとうございます。
 講演会の講師のほか、教育・学習機関での常勤・非常勤での講師も承っております。
 遠方であっても、早めにご連絡いただければできる限り対応させていただきます。
 現在、榎本秋はアミューズメントメディア総合学院大阪校ノベルス学科・アミューズメントメディア総合学院東京校ノベルス専科継続コース(夜間)・東放学園映画専門学校小説創作科でレギュラー講師を勤めております。また、日本マンガ芸術学院ライトノベルコースでも、定期的に授業を担当させていただいております。
 このアミューズメントメディア総合学院、東放学園映画専門学校ではデビュー支援にも協力させていただきました。榎本秋の著書である小説の書き方本・歴史本などの表紙イラストや本文カットなどに生徒さんを採用させていただき、デビューへ導かせていただきました。
 また、日本マンガ芸術学院のライトノベルコースでは、カリキュラムを監修し、独自のテキストも提供させていただいております。
 こちらのテキストをもとに、日本マンガ芸術学院では2012年春より、榎本秋の弟の榎本海月が講師を務めております。
 2009年には、母校の二松学舎大学の人文学会100回記念大会のシンポジウムにも参加させていただきました。
 2012年には、朝霞市立図書館で中学生以上の初心者に向けた小説の書き方講座をさせていただき、11月にも熊本市立図書館にて「ライトノベルと若者文化」「ライトノベルの書き方」の講演を行いました。
 2013年には、郡山青年会議所さんにお呼びいただき「物語を紡いで文章を書いてみよう」という講演をさせていただきました。

 また、各種シンクタンク様への情報提供、企業内セミナー、研修などの講師も務めさせていただいております。

 

主なテーマ

・ライトノベルとはなにか
・キャラクター小説について
・ライトノベルと文学
・オタクとはなにか
・ライトノベルを書こう
・ファンタジー世界の作り方
・歴女ブームとは
・戦国武将の魅力
・オタクビジネス
・オタクな部下とのつきあいかた 
・オタクの社会とのつきあいかた
・オタク業界でプロになるとは
・イラストレーターになるには

 

公共団体、学生団体の皆様へ

 図書館、文化祭などをはじめとした非営利のイベントの場合の報酬はご相談させてください。(ご予算に合わせて無理は申しません)

 

専門学校、教育機関の皆様へ

 イラスト、イラスト集、ポートフォリオなどの指導も承っておりますので、遠慮なくお問い合わせください。

 

取材に関するご依頼

取材について

●torii@enomoto-office.comまで、取材趣旨、掲載予定媒体、扱い方などを詳しくご連絡ください。
●基本的に出来上がった記事はチェックさせていただくことを前提にしております。チェックが難しい媒体の場合は事前にお知らせください
●緊急の取材の場合はお電話でもかまいませんが、上記要項は並行でお知らせいただければ幸いです。

 

学生さんへ

 学生さんの取材は基本的にお受けしたいと思っております。できれば学校の先生や学校のFAXなど学業との関連がわかる形でご連絡いただけますと幸いです。

 

卒業論文、博士論文への取材、査読などについて

 基本的に指導教官の先生の同意のもとにご依頼いただけますようお願い致します。

 

各種論文をお送りいただける皆様へ

 反応が遅れることも多いかと思いますが、なるべく返信したく思っております。そのため、ご送付後一年ほどは受信可能なメールアドレスを明記いただけますと幸いです。

 

ご連絡

そのほか、榎本秋と榎本事務所にご興味を持ってくださった場合は上記以外でもご遠慮なく連絡いただければ幸いです。
お問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

◇メールアドレス:torii●enomoto-office.com(●部分を@に変更してお送りください)

氏名・返信用メールアドレス・御電話番号を必ずお書きいただけますようお願いいたします。
3営業日以内に返信させていただきます。返信がない・お急ぎの場合は榎本事務所(070-6979-9138/平日10時〜19時)までお問い合わせください。
お電話の場合は、簡単な概要だけでも同時にメールを頂けますと幸いです。

講演・取材のご依頼

Information

榎本事務所twitter

このページのトップへ